8月 2013

You are currently browsing the monthly archive for 8月 2013.

手話サークルサイレンスからの個人での依頼があり、
松本が行ってきました!

場 所:宮城社会福祉センター(仙台市青葉区愛子)
対象者:ろう児、難聴児、CODA(ろうの親をもつ聴こえる子ども) 21名 +親 10名
テーマ:動く絵をつくってみよう

手話つきで、作り方を説明する松本。 

動く絵ができるんだ!と感動する子どもたち

どんな絵にしようかなぁと親と相談中。   出来上がったら絵の具やクレヨンで色づけ

聞こえる親と、聞こえない子ども、手話でコミュニケーションとりながら、一緒に工作する風景は微笑ましかったです。(私の時代では、手話は禁止されていて、親とのコミュニケーションが乏しく、会話できなかったため)このような企画を通して、聞こえない大人のモデルを見てもらうことで、聞こえない子どもたちが将来に対して明るく生きていくという希望を与えられるキッカケになれば、と思います。子どもたちは、真剣な眼差しで好きな動物などを作り、出来上がった作品を見ると色付きなど、それぞれ個性があって楽しめたようです。最後に個人発表をして、作品を持ち帰っていきました。帰り際にまたやって欲しいと子どもたちからの要望があり、機会があれば実施したいと思います。