ブログ

活動ご支援者の方より、色とりどりの羊毛をご寄付頂きました!

「1日も早く、穏やかな心持ちで暮らせますことを切に願っております。」

あたたかなお気持ちと共に、写真に写し切れない程のたくさんの羊毛と

様々な細かいパーツ素材を頂きました。

今後の応援活動にて大切に活用させて頂きます。

温かなご寄附を誠にありがとうございました。

IMG_★4598

IMG_★4606

今年もWAP/AFHの活動を支えて下さった皆さまへ心より感謝申し上げます。
皆さまにとってはどのような一年だったでしょうか。

2017年は年明けまで続いた岡本太郎美術館の『つくることは生きること』展で幕を開けました。
東北・熊本の皆さんの作品・写真・メッセージは、その後も広島、神戸、熊本を巡回し、
2016年1月から15ヵ月間をかけ、全11会場で開催した『いま、ここで生きている』展は、
今年3月にフィナーレを迎えました。

展覧会と並行する形で始動したのが長野県立こども病院PICUのアートによる
プロデュース業でした。無機質だった空間に色を運び、病院の壁面に願いを込めた絵を描き、
新設された病棟にアートの温もりと彩りを運びました。

そして4月、障がいの有無や種類を超え誰もがフラットに繋がれるボーダレスな空間
《ワンダーアートスタジオ》をオープンさせました。20 年以上に及ぶ『障がい』との
関わりが、震災支援を経て、ここでひとつのかたちになりました。
古いビルはアートリノベーションによって息を吹き返し、スタジオは現在も変身を遂げ続け、
素晴らしい個性を持った子どもたちが集い、繋がる空間として運営しています。

東北・熊本での活動日数は900日を超え、東京藝術大学では障がいのある子どもたちと
制作した絵やハッピードールが展示されました。
今年12年目を迎えた『Happy Doll Project』は全国6箇所を巡り、患者さんと闘病を
支えるご家族や職員の皆さまへ温かなひとときをお届けしました。

今年も無我夢中で走り続けた一年を、見守り、支えて下さった皆さま、
本当にありがとうございました。
2018年、19年目を迎えるWAPと8年目を迎えるAFHも、新たな出会いにワクワクしながら、
挑戦を続けていきたいと思います。

皆さまに幸せな新年が訪れますことを、
心よりお祈り申し上げます。

Wonder Art Production/ARTS for HOPE 代表
ホスピタルアートプロデューサー 高橋雅子

★IMG_9941_

 

活動ご支援者の方より物品寄附をいただきました!

生地や毛糸、ボタン、装飾小物などさまざま。

可愛らしいちりめん生地もいただきました!

どれも今後の活動に大活躍してくれそうです!

温かなご寄附を誠にありがとうございました!

平林かね子様より_0928

« Older entries

ページのトップへ